東海大学 菅生高等学校 中等部 学校法人 菅生学園
よくある質問
Q&A
Q
特色のある授業などはありますか?
A
「夢育て講座」があります。各界で活躍されている一流の方々をお招きして、職業のお話や、少年時代の夢について語っていただきます。夢の持ちにくい時代だからこそ、本校生徒には自らの言葉で夢を語ってほしいと校長の発案で始まった授業です。今までに国連職員、海洋学博士、歌手、プロ野球選手、アナウンサー、看護師などさまざまな方をお呼びしています。目標となる夢を持って、生徒の勉学意欲はますます高まります。
Q
「総合的な学習の時間」では、何を学びますか?
A
恵まれた自然環境を活かし、自然と一体となった学習を行っています。生徒自身がテーマを決め、菅生祭(文化祭)で学習発表会を行います。1年生では郷土と自然環境について、2年生では鎌倉校外学習に関連して日本の歴史や伝統文化について、3年生では北海道の大自然や歴史と文化についてなどと徐々に視野を広げ知識を深めていく学習を行っていきます。
Q
菅生高等学校へは全員が進学できますか?
A
国公立大学や難関私立大学を目指す菅生高校の特別進学コースや主に東海大学を目指す総合進学コースにほぼ全員の生徒が進学しています。高等学校では東海大学への進学を希望している生徒の約9割は、付属校推薦制度を利用し希望の学部・学科に合格しています。
Q
給食について教えてください。
A
校舎の移転を機に給食を始めました。最上階にあるラウンジは、眺め、明るさ、衛生面などを考慮したつくりとなっています。食事も生活の中での大切な学習として位置づけ、食べることの重要性も学んでほしいと考えています。お弁当作りがいらなくなるので、忙しい保護者の方の朝の負担も軽減しています。
Q
校内のセキュリティはどのようになっていますか?
A
校舎はもともと世界的なIT企業が事業所として使用していた建物なので、監視カメラによる機械警備が導入されているなど、外部からの侵入者を防ぐセキュリティは万全です。
Q
災害時の対応はどのようになっていますか?
A
2011年3月11日の東日本大震災の教訓を活かして、日頃から災害時の対応についてマニュアルを徹底し、避難訓練なども年3回実施しいています。校舎は耐久性に優れていて、災害時用の食料・水も3日分備蓄し、万全を期しています。
Q
通学の交通手段を教えてください。自転車通学はできますか?
A
JR八王子駅南口、西東京バス(株)楢原営業所よりスクールバスを運行しています。詳しくは【交通アクセスページ】をご覧下さい。また、小作駅・秋川駅からは路線バスを利用しています。自転車通学は、あきる野市・青梅市・羽村市の一部地域からのみ許可しています。
Q
学校見学はできますか?
A
大歓迎です。月曜日から土曜日まで、予約なしでいつ来ていただいてもかまいません。学校資料もお渡しできます。ご案内する職員の都合上、事前にご連絡いただければ幸いです。駐車場がございますから、自家用車でお越しいただけます。
Q
奨学金制度、特待生制度などはありますか?
A
鈴彦記念奨学金制度と、複数在学者、卒業生子女等の奨学金制度があります。また、第1回B入試、第2回B入試で学力優秀者の授業料を免除する特待生入試を行っています。地域に優秀な人材がいれば、その生徒に学ぶ機会を与えていくことが、私学の果たす役割だと考えています。
ページトップへ戻る