ごあいさつ
菅生学園 理事長 島田 幸成
菅生学園 理事長
島田 幸成
一貫教育の要としての初等学校

2006年に初等学校を設立したことによって、菅生学園は幼・小・中・高がそろった総合学園となり、一貫教育の体制が整えられました。それから早くも10年を越え、初等学校は一貫教育の要といえる存在感を示してきました。

子どもたちは、自然に恵まれた広いキャンパスで伸び伸びと学校生活を送り、豊かな感性を発揮しています。また、少人数教育のきめ細やかな指導を受け、確かな学力を身につけています。

今や、グローバル社会と言われておりますが、そうした社会においても豊かな心をもって、たくましく生き続け、活躍できる資質が日々培われていると確信しています。

一貫教育リンク
菅生学園初等学校 校長 丹治 充
菅生学園初等学校 校長
丹治 充
「歩き、考え、学ぶ」が教育の基本理念です。

本校は「自然が、教科書だ!」という建学の精神のもと、豊かな自然環境の中で自然の営みや驚異に触れ、人としての生き方・あり方を考え、探究心を膨らませながら、自ら考え逞しく行動のできる児童を育成します。

また、「歩き、考え、学ぶ」を教育理念として掲げ、三つの重点指導を定め推進を図ります。その一つ確実な「知の習得」は、知識・知恵を養うことは基本的使命であり、確固たる国語力に英語力及び計算力を加え、基礎力・基本的な学力の確実な定着とさまざまな課題に自ら挑戦する態度を育成します。二つ目は、豊かな「心の涵養」であり、人としての心の有り様を地域の人とも恊働して、豊かでみずみずしい感性を育みます。三つ目は健やかな「体の育成」に努めており、朝のウォーキングタイムや学校周辺の散策・菅生タイム等を通して健やかな成長を図ります。こうしたさまざまな教育活動を駆使しながら、児童一人ひとりの感性や知性を磨き高めるように、きめ細やかな指導を行なっております。
ページトップへ戻る