菅生学園初等学校は、「歩き 考え 学ぶ」を理念としております。 その具体的な構想や計画を逐次紹介していきます。 また、教育に関しての考え方を述べ、私自身の人柄なども知っていただくようにしたいと思っています。。。
2018年 01月 15日(月)

学習発表会 動画アップ!
今年度の学習発表会の様子を2分動画にまとめました!是非覗いてみてください!
https://www.youtube.com/watch?v=-0Y7hROuQZo&t=1s

2018年 01月 09日(火)

1月 学校便り
   心の涵養(かんよう)とAI技術

 あけましておめでとうございます。児童・保護者の皆様には穏やかな新年をお迎えのことと存じます。子ども達の頑張りと父母の会はじめ保護者の皆様のご協力により、初等学校の教育内容は益々充実したものとなってまいりました。英語活動や漢字習得は本校の大きな柱の一つですが、着実な成果を見ることができました。一方、子ども達の人間性や社会性を育む教育として学校行事や校外学習があります。学習発表会の大成功はもちろんですが、その後もイオンモールでのダンス発表、5年生による人見記念講堂やキララホールでの合唱も菅生学園らしい清々しいステージでした。朝の始業前、教師と一体となり、より良いものを目指そうとする姿勢は、何事にも通じるとっても大切な精神です。
 さて、われわれの人間社会は狩猟→農耕→工業→情報社会へと変遷し、次は「超スマート社会」となるといわれています。あふれるデータ(情報)を分析する作業は「人」には負担が大きく、AIいわゆる人工知能が担います。このビックデータをロボット(AI)が解析し、「人」にフィードバックされることにより、さまざまな分野で革命的発展が起こります。そして、この発展が国(言語)・文化・年齢・性別・経済による差別障害をなくし、社会的課題の解決をもたらすことでしょう。
 ロボットの台頭により、これまで「人」が行ってきた日々の煩雑さから解放され、より人間らしい余裕のある豊かな生活を送ることが可能になります。本校はその時のために、何事にも他と協働の精神で高みを目指す心を学校生活のあらゆる場面で育成します。AIがどれだけ発展してもそれを使うのは「人」です。原子力が両刃の剣であるように、大切なのは道具を使う「人」の心です。道具は生活を便利で快適なものにしてくれる一方、人を傷つけもします。スマートフォンのメール1つも例外ではありません。これからの未来を築く子ども達が、AIの生む余裕を正しく使い、幸せな人生を送ることを、年頭にあたり切に願います。

今月の短歌

 AIと仲良く暮らす未来あり 
                  その豊かさを地球(ほし)に広めん
                                   詠み人内緒