菅生学園初等学校は、「歩き 考え 学ぶ」を理念としております。 その具体的な構想や計画を逐次紹介していきます。 また、教育に関しての考え方を述べ、私自身の人柄なども知っていただくようにしたいと思っています。。。
2017年 10月 02日(月)

校長便り 10月
文化の秋です

実りの秋を迎えました。児童のみなさんは夏休みからの切り替えも 早く、日々の学習に学校行事に一所懸命(語源)に頑張っています。これも偏に、各ご家庭のご協力や声がけのお陰と感謝申しあげます。
さて、読書の秋・スポーツの秋・芸術の秋などと言われますが、本校でも菅生祭において図工作品の発表や宿泊行事の報告が行われました。出来映えはいかがでしたでしょうか。タマネギや稲を描写した一筆一筆に、子どもたちの逞しさ、生きる力を感じました。また来月には学習発表会が開催されます。地域の伝統芸能である菅生歌舞伎を取り入れた創作歌舞伎、迫力ある青梅太鼓などは圧巻です。そして次世代のグローバル人材育成の観点から毎年行われる英語劇には定評があります。これらは、その学校の文化水準を表す指標でもあり、流石は菅生学園の児童と言われるよう教職員も一丸となって児童の頑張りを支援します。ぜひ今年もご期待下さい。
「文化」という言葉は「教養」と置き換えられますが、人は必ず何らかの社会に所属します。また、複数の組織社会に同時に所属しなければならないのが人間社会です。そこで必要になってくるのが「教養」です。これをさらに言い換えるなら適応と学習です。本学園の児童には、この2つの資質をしっかりと身につけ、グローバルな社会の中で輝く人材に育ってほしいと思います。
これから菅生の里は秋本番を迎えます。奥多摩の山々も一年でもっとも美しい季節となります。ふと足を止めて、木々の彩りの変化を感じられる、そんな瑞々しい感性をもった児童が今日も勉学に励んでいます。

今月の俳句

けしごむがはんぶんになるあきになる   鶴谷怜子(小4)

枝豆や三寸飛んで口に入(い)る      正岡子規