菅生学園初等学校は、「歩き 考え 学ぶ」を理念としております。 その具体的な構想や計画を逐次紹介していきます。 また、教育に関しての考え方を述べ、私自身の人柄なども知っていただくようにしたいと思っています。。。
2017年 05月 30日(火)

校長便り6月
運動会
学校長 丹治 充

先般の運動会には、早朝より多くのご家族の皆様にご来校いただき、本当にありがとうございました。子ども達も、皆さんの応援を背に一層熱が入り、力を出し切ったことと思います。
さて、28日の本番を迎えるまでには、一人ひとりいろいろな葛藤があり、各ご家庭でも大変だったことと推察いたします。徒競走でライバルに負けて悔し涙を流している子、組体操がどうしても上手くいかず学校に足が向かなった子、
行進が苦手で緊張している子など、83人それぞれにドラマがありました。
ある日こんなことがありました。まだ、朝の7時半だというのに教室からかすかにエイサー太鼓の音がもれてきます。誰だろうとそっと後ろからのぞいてみると、前日の予行で上手に踊れなかったある児童が、一人で曲を口ずさみながら太鼓を叩き踊っていました。担任の先生が模造紙に書いた歌詞と音符を見ながら、一生懸命に練習しているのです。おそらくその陰には担任の声がけやご家族の激励もあったはずです。
小学生には見えにくいものですが、子どもはみんなプライドを持っています。日々の学校生活のさまざまな場面で、そのプライドが傷つくこともあるでしょう。
しかし、人間はそこで成長します。それぞれのスピードで…… そんな時、私たち大人は、「待つ」ことが大切です。他の子に負けてはならない、遅れをとってはならないと急き立てることがあってはなりません。また、「何でできないの?」などと、否定から入るのも良くないことです。子ども達の思いに寄り添い、支援し、まずは努力を肯定します。そしてその子なりの達成感を積み重ね、成功体験へと導くことが肝要です。
スポーツは、得意不得意がはっきりする分野です。中学校や高等学校の部活動などは正にそうです。そのような中で、一方では他を尊敬し、また思いやるという「生きる力」の根本を学べるのがスポーツです。ますますインスタントになりつつある世の中の流れに逆らうように、菅生の子ども達は時間をかけ、汗を流して、手作りのドラマを今日も演じています。苦労した者だけがつかめるほん(・・)もの(・・)の感動を体験するために。

どの子にも青い空あり運動会    加藤 宙
     
                (『こども歳時記』 長谷川 櫂 監修より)
2017年 05月 30日(火)

菅生学園初等学校 第11回運動会


風そよぐ五月、絶好の運動会日和となりました。
子供達は朝から気合十分!
今までたくさん練習してきた表現、チームで作戦を練ってきた団体競技、赤・白それぞれの団で練習した全員リレー、これらの頑張りを保護者や地域の方々の前で120%の力を出すことができていました。競技や演技を終えた児童の満足そうな表情からもこれまでの練習の充実具合が伺えました。
競技だけではなく係の仕事など与えられた役割も一生懸命こなす児童一人一人の頑張りが今日の運動会を素晴らしいものにしたのだと思います。
今日の運動会に向けて頑張った気持ちや姿勢を今後の学校生活でも大事にしてほしいと思います。

また、児童を見守り会場を盛り上げていただいた保護者、地域の皆様、本日は誠にありがとうございました。

2017年 05月 23日(火)

1年生 ゆたかの時間


1年生のゆたかの時間では、あさがおの種をまきました。みんな、先生のお話をよく聞いて、一人で土や肥料を入れて、種まきすることができました。たくさん陽を浴びて、元気に成長してくれるといいですね。子どもたちは、次の日から学校へ登校すると、欠かさず水をあげていました。もう芽を出したあさがおもあり、子どもたちは大興奮していました。
また、学校の畑にキュウリの苗を植えました。子どもたちは細かい特長にも、気をつけながら苗の様子をスケッチブックに書きました。キュウリが大きくなる様子を今後も観察していきます。夏の収穫を目指して、大きく成長してくれるといいですね。
2017年 05月 16日(火)

校長便り 5月
十人十色
学校長 丹治 充
    
 不二ひとつ うづみ残して わかばかな    蕪村
(富士)
菅生の山々は、今まさに芽吹きの時を迎えました。萌葱色、早苗色などと言いますが、木々はさまざまな黄緑の衣装を纏っています。これらの木は、3月冬の寒さの中で芽を出すものもあれば、4月の終わりにまず花を咲かせ、それからゆっくり葉を広げるものもあります。
さて、私が初等学校に着任してから1年が経ちました。昨年は小さい身体で菅生バックを引きずっていた2年生が、すっかりたくましくなりました。3年生は社会性が育ちはじめ、4年生には貫禄さえ出てきました。遊びに夢中だった5年生も高学年の自覚が見えてきました。そして、さすがは6年生、ウォーキングで1年生の手を引いて歩くその姿は、本校ならではの何ともほほえましい光景です。
本校の特色ある教育の一つに、「縦割り活動(教育)」があります。以前から行われている委員会活動や清掃、ウォーキング、菅生タイムもそうですが、昨年から縦割り給食が始まりました。また、5月2日には縦割り班で昭和記念公園に出かけました。お世話をする、お世話をされることで、年齢の違う者に対する接し方を学び、気づかいや思いやりが育ちます。もちろん、これには高学年の高度なモラールが必要です。学校生活においても、上級生が下級生に注意したり、助言したりする様子が見られます。下級生に言う以上は自らを律しなければなりませんし、自らの行動に責任が伴い、正に教育の好循環が生まれます。
世の中に出れば、会社でも家庭でも当然年齢の異なる人との関わりながら生きていかねばなりません。先輩後輩と上手く付き合うことは、組織(集団)では必要不可欠なことです。
菅生学園初等学校はとても小さな学校ですが、そのメリットを最大限に活かし、お互いの個性を尊重し、共に学び育つ教育を実践して参ります。どうぞ各ご家庭でも「今日学校どうだった?」とお声掛けいただき、学校と二人三脚でお子様の一人ひとりの歩みに合わせた成長を図っていきたいと思います。今後ともご協力の程、よろしくお願いいたします。
  若葉吹く 風さらさらと なりながら    惟然
2017年 05月 13日(土)

あきるの子育てフェスティバル2017
本日「あきる野市子育てフェスティバル2017」に出展いたします。
地域の私立幼稚園や企業、私立小学校が楽しいブースを出展します。また、各種ステージイベントなど様々な催し物もございます。
本校もブースにてプレゼントのもらえる楽しい企画をご用意してお待ちしておりますので、どうぞお立ち寄りください。