「歩き 考え 学ぶ」の理念の下、人間力を培う教育を進めます。
朝のウォーキングから放課後の「菅生タイム」まで、菅生の環境を生かした特色ある活動を展開します。学舎「学びの城」には、朝から晩まで元気な児童の声がこだまします。
2017年 11月 01日(水)

11月校長便り

                   体験学習


先月は1ヶ月遅れの秋の長雨で、月末には季節はずれの台風まで襲来しました。被災された方には心よりお見舞い申しあげます。季節はずれと申しましたが、嵐で退散したあの元寇も同じ10月でした。
 ところで、本学園の畑では秋野菜が収穫の時を迎えています。1・2年生はサツマイモを掘りました。約100本ものベニアズマを収穫しました。らっかせいは少しタヌキに先を越されましたが、それでもカゴがいっぱいになりました。5年生の大豆はおいしそうな枝豆になっていますが、来年の春にお味噌を作るため今は食べずに我慢です。そして、今年完成した菅生初等学校の田んぼでは、八王子産のキヌヒカリが頭を垂れています。
 さて、掘りたてのサツマイモは甘くありません。しばらく低温で保存することででん粉が糖質に変化し、甘くなります。また、らっかせい(落花生)はその名の通り黄色い花の受粉後、柄が下方に伸びて地中に潜り込み、その先の部分が膨らんで地中で結実し、ピーナッツができます。 (=地下結実性) 大豆とえだまめが同じものであるとご存じでしたでしょうか?また、キヌヒカリは八王子の産物「絹」から名付けられた稲です。このように菅生学園の「ゆたか」は体験学習の宝庫です。土を触っているときの子どもたちの表情は本当にきらきらと輝いています。
体験学習といえば、来年度実施のオーストラリア英語研修もとても有意義なプログラムです。留学すると、必ず困難にぶつかります。我慢の限界まで追い込まれることで、必死に自分の意志を相手に伝えようとします。ここで自信を持ち、生きる力が育つのです。世界のどこででも生きていけるのがグローバルということです。1週間で英語が話せるようになるわけではなく、自分で考える力が英語をはじめその後の学習に大きく影響します。現在5名の児童の参加希望がありますが、是非とも渡豪をご検討ください。カンガルーやコアラ、そして碧い海がやさしく迎えてくれます。

                   今月の俳句
 
            行く秋や手をひろげたる栗のいが  芭蕉
2017年 10月 14日(土)

3、4年生 歌舞伎
学習発表会の歌舞伎の練習を始めてから1ヵ月がたちました!
子どもたちからは本番に向けてがんばろう!という気持ちが
伝わってきます!
先日3、4年生で歌舞伎のスローガンを決めました!
「心をひとつにかっこよく役になりきって大成功させよう!」
この目標に向かって一生懸命練習にとり組んでいます!

本日、菅生一座の方が来てくださりご指導していただきました!
毎年この時気になると歌舞伎の指導をしてくださったり、本番ではお化粧もしてくださったりします。
子どもたちは菅生一座の方から見得の切り方や台詞の言い方を教えていただき、よりかっこよく演技をすることができるようになりました!
今日教えていただいたことを忘れず、これからも本番に向けて練習を頑張っていけるといいですね!
2017年 10月 02日(月)

校長便り 10月
文化の秋です

実りの秋を迎えました。児童のみなさんは夏休みからの切り替えも 早く、日々の学習に学校行事に一所懸命(語源)に頑張っています。これも偏に、各ご家庭のご協力や声がけのお陰と感謝申しあげます。
さて、読書の秋・スポーツの秋・芸術の秋などと言われますが、本校でも菅生祭において図工作品の発表や宿泊行事の報告が行われました。出来映えはいかがでしたでしょうか。タマネギや稲を描写した一筆一筆に、子どもたちの逞しさ、生きる力を感じました。また来月には学習発表会が開催されます。地域の伝統芸能である菅生歌舞伎を取り入れた創作歌舞伎、迫力ある青梅太鼓などは圧巻です。そして次世代のグローバル人材育成の観点から毎年行われる英語劇には定評があります。これらは、その学校の文化水準を表す指標でもあり、流石は菅生学園の児童と言われるよう教職員も一丸となって児童の頑張りを支援します。ぜひ今年もご期待下さい。
「文化」という言葉は「教養」と置き換えられますが、人は必ず何らかの社会に所属します。また、複数の組織社会に同時に所属しなければならないのが人間社会です。そこで必要になってくるのが「教養」です。これをさらに言い換えるなら適応と学習です。本学園の児童には、この2つの資質をしっかりと身につけ、グローバルな社会の中で輝く人材に育ってほしいと思います。
これから菅生の里は秋本番を迎えます。奥多摩の山々も一年でもっとも美しい季節となります。ふと足を止めて、木々の彩りの変化を感じられる、そんな瑞々しい感性をもった児童が今日も勉学に励んでいます。

今月の俳句

けしごむがはんぶんになるあきになる   鶴谷怜子(小4)

枝豆や三寸飛んで口に入(い)る      正岡子規

本日から菅生学園の菅生祭が行われます。初等学校は2階・3階で学習展示発表を行います。それぞれの学年が宿泊学習のまとめや各教科の学習展示物の作成に頑張って取り組みました。毎年恒例の代表委員会によるスタンプラリーも行いますので是非、お越しください。
また、本日は菅生タイムダンス・合唱・茶道の発表も行われます。前期頑張って取り組んだ成果の発表の場となります。
子ども達の学習、取り組みの成果を是非ご覧ください。

2017年 09月 25日(月)

第67回はたらく消防の写生会表彰式
9月24日、秋川ふれあいセンターにて「はたらく消防の写生会」の表彰式が行われました。
市内11校が参加し、入賞以上の児童は89名。本校は入賞した6名全員が優秀賞(消防総監賞)をいただきました。1人ずつ名前が呼び上げられる中、6名の児童は誇らしい様子で賞状を受け取ってきました。
消防署主催による表彰式は今回が初めてでしたが、一人ずつの作品がスライドで映されるなど、素晴らしい表彰式でした。お忙しい中、準備していただいた消防署の方々、またご参加いただいた保護者の方々、本当にありがとうございました。

6名のみんな、本当におめでとう!


<<前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 次のページ>>